ジンジャーシロップを作ったら生姜焼き

先日、ジンジャーエールを作る為に「ジンジャーシロップ」を作った記事を書きました。

その調理過程で出た、生姜をを使って豚の生姜焼きを作るととても美味しく出来るので、ご紹介したいと思います。

シロップ作りは、生姜をハーブや砂糖と一緒に煮て漉して作るので、その出がらとなる生姜は捨てることになります。

それはもったいない!!

生姜の成分はシロップのほうへ出ているとはいえ、まだ全然出がらしのほうにも残っています。

ハーブや甘味も染みているので、これを利用して生姜紅茶や生姜ココアなどの飲み物や、豚汁など料理の味付けにも使えます。

シロップを作る際に漉してハーブ類を取り除いたら、ミキサーやフードプロセッサーなどでペースト状にしてしまいます。


<スポンサーリンク>

 

生姜焼き用のジンジャーペーストの分量です。

出がらし生姜 50gほど
30ml
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1

材料を全て入れて、ミキサーやフードプロセッサーなどでペースト状にします。

私は水分の多すぎないもったりした感じの生姜焼きが好きなので、出来上がりがちょっと重めかもしれません。

水分が多いほうが良ければ少量のお水で調整して下さい。

200g程度のお肉に塩胡椒をして、薄力粉を薄くまぶします。

私はお肉が焦げやすいので下漬けはしていません。

玉ねぎは細切りにしておきます。

フライパンでお肉を焼き、火がある程度通ったら玉ねぎも炒め、先ほどのジンジャーペーストを完成の2/3ほど入れて絡めたら完成です。

 

ペーストが1/3残ったので、ドラム鶏肉を漬けました。

豚とはまた違って美味しいです。

2,3日で食べるなら冷蔵庫で。もう少し先が良ければ冷凍庫で2週間程度のうちに食べてます。

これでもう1日分のメインも確保できました。

ジンジャーシロップは作らない方は、生姜焼きを作る際にすりおろした生姜に分量の砂糖を混ぜて、暫く置いておいたもので作ると美味しいです。

生姜の成分がよく出てるのでオススメですよ。


<スポンサーリンク>

ジンジャーシロップを作ったら生姜焼き” への1件のフィードバック

コメントを残す