フードドライヤーで梅干し2018①

うちの家族は梅好きです♪

梅好きならば誰もがきっと、自家製梅干しを作ってみたいと一度は思うものだと思います。

もちろん私もそう思ってましたが、手順を見ると手間ひまと時間がとても掛りそう。

以前は今よりも忙しくしていたので、どうしても食べたいのならば自分で作ってみたら?と旦那に一任した事もありました。

旦那が頑張って作り半年ほど寝かして食べてみると、とーーーーっても塩辛い梅干し(><;

梅の味も損なっていて、数年寝かせてもどうなんだろう?という代物でした。

作るのはやっぱり大変!と、梅干しは購入して暮らす事に落ち着いてました。

それから数年してあるキッチン家電を購入しました。

フードドライヤーという、食品を乾燥させるものです。

輪切りのフルーツを載せてドライフルーツにしたり、燻製作りで食材の水分を飛ばし燻煙がつきやすくしたり、犬猫のおやつにササミジャーキーを作ったりするのに使っています(^^)

 

購入したメーカーのウミダスジャパンさんのサイトにはとても沢山のレシピがあり、どれも参考になります。

その中には梅干し作りのレシピもあり、梅雨明けや時間を気にせず素早く乾燥出来ると材料や手順も分かり易く書かれていました。

確かに、以前旦那が作った時はタイミング等も難しく、また我が家は鹿児島在住なので外だと灰の心配な日もあり干しづらかったです。

せっかく便利な道具を持っているのだからやってみよう!!と去年の今頃、そのレシピを見ながら梅干しを作りました。

レシピ通りなので2㎏と少ない量ではありますが、旦那が以前作ったものとは比べものにならないくらい上手く出来たので、正月明けから大事に大事に食べています(もっと寝かすべきなのですけどね^^;)

続けて今年も頑張って作るぞー!と、梅雨入りくらいの頃梅を買ってきました。

今年は去年より大きい梅なのですが、ちょっとピカピカじゃない梅たちでした。

お財布に優しかったので負けました(T▽T;

厳選して綺麗な子たちを3㎏弱梅干しに。

洗って綺麗に拭いて塩漬け―。

しばらく置いて梅酢が上がってくるのを待ちます。

あいたたた、君たち辛いことが多かったんだね(;_;)

こちらの傷の目立つ子達は梅シロップなどに漬けました。

そして様子を見ながら10日くらいかな。

 


<スポンサーリンク>

 

梅酢もしっかり上がった頃、お店には赤シソが大量に置かれるようになってきました。

赤シソって葉っぱだけを千切って使うんですけど、売っている時は茎もついているので何束買っていいものか迷ってしまいます。

悩んでたら丁度知り合いの「地元の手作り女王」にばったり会いまして教えてもらえました。

女王曰く、2~3㎏なら1束は絶対必要だから2束あれば安心、葉は縮れているものを買いなさいとのこと。

おお!千切るの面倒だから大きな葉のもの買おうとしてました、危ない危ない。

ちなみに女王は17㎏漬けているそうで、私が色々質問しているのを周りのお客さんが見てこの後暫く便乗質問攻めに合ってました(^^;

さて、帰宅して早速シソ千切り。

これが梅干し作りで一番大変な作業な気がします。

千切ったのを洗って、1枚ずつ水気が無いように拭いていきます。

水分があるとカビたりするからなのですが、私的には虫のいないこと確認が重要です(><;

写真のザル3枚にぎっしり入っている分拭きました。

ニョロニョロ2匹と卵を5個くらい発見しましたが、もう入っててもいいかもと投げやりになるほど疲労で心が折れました(T_T)

シソを塩で揉んでから梅酢と合わせて、梅に乗せます。

合わせてから2日ほどした写真ですが、もうすでに赤くなりつつあります。

これでまた暫く寝てもらいます。

フードドライヤーだから干すのは自分のタイミングでOKなのですが、一応乾燥させてから天日にも当てたいので、天気予報と降灰予報を見つつ決めたいと思います。

君たちも去年の子に負けずに美味しくなってね(^^)

 


<スポンサーリンク>

フードドライヤーで梅干し2018①” への2件のフィードバック

コメントを残す