フードドライヤーで梅干し2018②

先日赤シソを追加した梅が、真っ赤に染まったので予定通りにフードドライヤーで干し作業をしました。

フードドライヤーで梅干し2018①

梅干しといえば、ザルにならべ天日に干す土用干しがありますが、我が家はジャーキーや干し野菜などを作る為のフードドライヤーがあるので、それで干す作業をします。

 

3kg弱の梅を4段あるトレイに隙間を空けながら並べると3段とちょっとでした。

シソも干して「自家製ゆかり」にするので並べたいのですが、全ては入りきらなかったのでまた後ほど別にフードドライヤーをかけます。

参考にしたメーカーサイトのウミダスジャパンさんのレシピ通りに、65度の温度設定にして12時間乾燥しました。

ムラを防ぐ為、2度ほどトレイの順番を入れ替えています。

丁度昼からタイマーを掛け夜中12時に止まり、翌朝9時から外にならべ昼まで天日に当てました。

フードドライヤーだけでも乾燥は出来ていますが、保存食品なので紫外線も当てた方が良いのではと思いしました。

浸かっていた梅酢も日光浴させます。

この後は、保存用の瓶に梅を入れ数ヶ月経てば完成です。

我慢して寝かせれば塩気のまろやかな梅干しになります。

あまり何段も重なると梅が潰れるので、4段くらい積んだ大瓶を一つと10個入り程度の小瓶を2つ作りました。

小瓶は娘が来た時のお持ち帰り用。

 


<スポンサーリンク>

 

ところで、私は梅酢も一緒に漬けてしまうのですが、そういうのは梅漬けというらしいですね。

去年作った梅干しもそうしたのですが、汁気たっぷりでふくふくしていて美味しかったので、今年も梅酢inしました(^-^)

ふう。

これで今年も梅頑張った!

と言いたいところなのですが、きっとこの数ではすぐに食べて足りなくなる…と思い、前回赤シソを仕込んだすぐ後に新たな梅3kg追加していました(^^;

次回からはもっと沢山一度に塩漬けが出来るよう、大き目の容器も購入。

今までビニール袋に水で作ってた簡易重石もやめて、ちゃんと重石も買いました(^▽^;

ミクロ単位ではビニールも穴があるので水分が染み出すみたいですね。

買った重石だけでは足りない時は、ガラス容器に水を入れた物を次回からは重石とする事にしました。

今まで漬けていた梅が干されて大瓶が空いたので、またシソをちぎってそちらに漬け直します。

この容器だとビニールに入れないとピンクになりそうですから、ガラスのほうが安心です(^-^)

あー、またこの作業だよ( ´Д`)

ちぎって、洗って、一枚ずつ拭いて。

今回はでんでん虫さんとニョロニョロ1匹ずつに会いました(T-T)

シソの塩漬けは、1日でやるのは大変なので、ちぎって冷蔵庫に貯めて塩漬けすればいいと聞きました。

なので今回は2日に分けて1束ずつちぎりました。

いやいやいや!

これ、嫌な作業が2日に伸びただけじゃん(;▽;)

1日で終わらすのも大変だけど、また今日もこれか…と辛くなるのも大差ない気がします(´・ω・`)

かと言って、出来ている塩漬けのシソだと風味が違うらしいので手を出しにくいです。

やはり美味しいものは手間ひま必要って事ですね(^。^;

第2段は干すまでまた2週間くらい寝かすので、次回干す時は梅雨はしっかり明けていそうです。

ラスト梅仕事までもう一息、頑張ります(^^)

 


<スポンサーリンク>

フードドライヤーで梅干し2018②” への1件のフィードバック

コメントを残す