手染め綿麻糸*雨音

ピンク色だったシルクウールの変わり糸を何度か染め直していたら、こんな絵画のような複雑な色合いの糸が出来ました。

染め直し*Night’s Dream

太い針でザクザク編んで、シースルーな羽織ものを♪と思って編み始めました。

数段編んでみたところ、ウールのポコポコしたネップや、アクセントの赤が効いていて、なんとも不思議な編み地で面白いです。

細いので目を揃えるのは難しいのですが、ネップがあるので揃ってなくても全然気にならない見た目です。

あー、やっぱり染め替えて良かった♪♪

そんな感じで楽しくある程度の幅まで編み進めました。

おっ、羽織ったらどんな感じかなー(*´∇`*)

と、試しに腕に乗せたところ…

わっ!気持ち悪っ!!!!∑(゚Д゚;)

お洒落な青と赤の隙間から覗く肌の色。

それはもう、衝撃的な気持ち悪さでした。゚(゚´Д`゚)゚。

太い針だから隙間も大きくなり、下の肌の色が見える割合も大きく色合いが悪くなってしまう。

ならばもう少し針を小さくして…とやり直したもののまだ重なる色が気持ち悪いです。

もっと色がまとまってれば良かったのでしょうし、秋冬のように服の上に着るのなら大丈夫だったかもしれないです。

しかし今回は夏の冷房や二の腕対策の羽織もの。

ノースリーブやブラトップの上に着たいので肌の上に乗ることが必須です。

そしてこれ以上針を小さくしてしまうと、今年終わらないかもしれないほどの苦行になります。

どーしたらいいのぉーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

……(*゚ロ゚)ハッ、そうだ、引き揃えよう!

そんなわけで、困った時の染め足しです♪

先月、ショールを編ん凄く良かった糸がまだあるので、それを染め足しに使うことにしました。

 


<スポンサーリンク>

 

中細の綿麻糸です。

これでショールと犬服編みましたが、さらとろな編み地で夏にぴったりの糸でした。

あの青糸に合わせるわけなので、黒かこんなブルーグレーかなと迷い、こっちにしました。

以前編んだショールより濃いブルーグレー。

ショールの方の糸は灰青(かいせい)という、灰空をのイメージですが、今回のは長雨のようなどんより色です。

命名「雨音」

縛ってみました。

多少の濃淡はありますが、ほぼ単色です。

細いですが200gあるので縛りにくい(´ー`;)

玉巻いてーーー

ん?

なんかカーテンも似たような色だなぁ(^^;

完成♪

この2色で編んでいきます。

合わせると前より白さがある感じですが、夏用だしいいかな。

よし、編もう(*´∇`*)

 


<スポンサーリンク>

コメントを残す