手染め綿麻糸*Muscat

編みものをしていれば自然と増えていくもの。

それは余り糸です。

色々余らせてモチーフ編みにして繋げるのもいいなぁと思うのですが、少し量のあるものはその都度次の作品に使って減らしていきたいとは思っています。

先日フレンチプルを編む際に染めた、綿麻の緑の糸も40gほど余っています。

今編みたいと思っているのは、夏ものの靴下です。

夏ものなので踝までのショート丈にしたいです。

同じ綿麻が25g×2玉の50gありますので、全部で90gあるなら充分足ります。

そんなわけで、緑に似合うような色を染め足す事にしました。

 


<スポンサーリンク>

 

こげ茶に合うように染めた緑なので、ちょっと暗めな緑です。

黄緑をちょっとくすませて、オリーブグリーン的なのがいいかなーと、染めたらこんな色になりました。

明るいよ!

くすみどこいったよ!?Σ( ゚д ゚;)

染めている間は良さそうに見えて、乾燥したらワントーン明るくなってしまうというワナに掛かったようです(´∀`;)

糸量が少ないからって試し染めケチると、すぐこういう事になります(>_<)

まぁ、自分用だし夏用だから元気っぽくて良いか。

命名「Muscat」

巨峰も好きですが、マスカットは爽やかで美味しいですよね(^ ^)

この前編んだばかりのRanunculusの糸染めの時に、合わせる糸に同じ色を使うと馴染みやすいことがよく分かったので、この糸にも濃い緑をアクセントに入れました。

編んだ時に一体感が出るといいな(^ ^)

この2色なので、つま先と踵と足首周りを濃い緑で編もうと思います。

綿麻のモギュモギュっとした感触がどんな履き心地になるのか楽しみです(*˙˘˙*)

 


<スポンサーリンク>

コメント

  1. […] 手染め綿麻糸*Muscat […]