手染めコットンウールソックヤーン*風ゆらぐ・風はしる

蒸し蒸しとした季節ももうすぐですね。
うちは古い家屋なんで断熱とか気密とか縁の無い感じで、梅雨は湿気放題です(T-T)
エアコンと除湿機頼りなんですが、今この除湿機がちょっと調子悪くて心配なんです。

ご機嫌ナナメになるというか、なかなかスイッチ入らない、動いてたら突然止まってたという症状が頻繁になってきました。
多分どこか線の接触が悪いんだと思うんですが、もうかなり古い機種なので買い替えも近そうな感じです。
はぁ。また思わぬ出費が来るのか(;ω;)

さて、そんな湿気が増えるこれからの時期にもサラッと身につけられる綿ウールの糸を、今月から手染めしていきたいと思います。

コットンウールソックヤーン

柔らかな弾力があり吸湿性に優れたウール。
通気性が良くサラッとした肌触りが良い綿。
この2種を50%ずつ合わせているので、もっちりしながらサラッとする快適な糸です。
昨年私も同じ糸で夏用のショートソックスを編んでいます。

いつものウールソックヤーンも良いのですが、足を入れた時のふわサラ感が全く違います。
しっかり感はウールソックヤーンですが、柔らかで触りが良いと感じるのは断然コットンウールです。

ウールソックヤーンはナイロンが20%混紡なので、少しはハリっとした感触があり、首元などには苦手とおっしゃる方もいるかと思います。
でもコットンウールの方はウールと綿だけなので、靴下以外の巻物やウェアを編むのにもすごく良いです。

太さがいつものウールソックヤーンよりは少し細い糸になります。

それではこのコットンウール、今回の染め糸のご紹介です。

風ゆらぐ

白糸ベースのまま、水色を段染めしました。
アクセントに黄色とピンクを入れています。

この黄色、蛍光色です。
大体いつも5色くらいの基本色染料から色を作ってるんですが、流石に蛍光はつくれないのでこれは蛍光色になっているものを使用しました。
購入したものの、なかなか使うチャンスのなかったこの染料(^ ^;)
この時期なら合いそうかしらと、使ってみました。

ピンクはごく柔らかいものをポツポツ程度です。
水色の段染めには、青もプラスしているので濃淡がある感じです。

命名「風ゆらぐ」
五月と言えば「風薫る」です。
薫るでも良かったのだけれど、この淡さはゆらぐのほうが合っているかも?
まだ暑くならない夏まで少し間のある温度を感じてもらえたら嬉しいです。


<スポンサーリンク>

風はしる

もう一つ色違いを染めました。
水色の段染めと蛍光黄色は同じです。
アクセントのピンクがオレンジ、段染め内の濃淡がライトブルーです。

こちらは元気な明るい印象の組み合わせ。
夏らしい感じですね。

水色の段染め内の濃淡も強いので、アクセント強めな感じです。
蛍光黄色もオレンジのほうが目に馴染みやすいですね。

命名「風はしる」
対になるように、こちらは元気な言葉を足しました。
キラキラしてる様子でもありますが、風光るだと四月になっちゃうんでね。
爽やかな空の下でわーっと走り回りたい気持ちで走るです(^_^)

ふわっと爽やか、クッキリ元気。
どちらがお好みですか〜(*´ω`*)

糸情報

スーパーウォッシュウール(防縮)50%・コットン 50%
中細
約100g約m335m
棒針2号〜6号
かぎ針2/0号 〜 5/0号
糸繋ぎがある場合があります

おわりに

先程、minneさんのツクルコトギャラリーに展示として出品しました。
本日5月3日pm8時以降に販売品に変更致します。
ご覧戴けたら嬉しいです(^ ^)

手染め糸*ツクルコトhttps://minne.com/@tukurukoto


<スポンサーリンク>

コメント