手染め麻糸*Orange Poppy

私が先日プルオーバーのRanunculusを編み始めた時に「可愛い!!!私もする!!!」と、いつものハンドメイド沼親友が一緒に編み始めました。

昨年、私が数年離れていた編み物をまた頑張ってみたい!!と思ったきっかけをくれたのもこの方。

同じものをお互い好きな糸で好きなように編むことの楽しさを、その時初めて知りあまりの楽しさに編み物熱がぐわーっと湧き上がりました。

それ以来、次何編むのー?と編みたいものが合えばLINEで2人KALしてます(^^)

そんな彼女は、編みあがったRanunculusがとっても気に入ったようで、もう一枚編む!!と決意し糸の相談をくれました。

以前、Honey cowlをコンゴウインコという鳥色で編みたいと、依頼をくれて染めた糸をとても気に入ってくれていたので、今回も私が染めたもので編みたいということでした。

Ranunculusは細い糸を太い針で編むパターンなので、夏用に細いリネンで編みたいそうです。

毛糸ピエロさんにセールのリネン糸を見つけたので、この糸の染め済みのものを1本、私が染めたのを1本の合わせて2本を引き揃えて編みたいという事になりました。

丁度、私も棒編み講座用の毛糸が必要だったので、私の購入品と同梱で私の元に送るようにして昨日手元に届きました。

染め用のアイボリーと引き揃え用のカモミールです。

極細の100%リネン。

ほっそっ!

これをポピーの花の色のイメージで染めてほしいとのことです。

最初は糸端から糸端へ色が変わるグラデーションに…と迷ったのですが、段染めのほうが合うかなということになりました。

ちなみに、このやり取りはLINEで文や絵でしていて、後に気づくのですが一点お互いに勘違いが発生していました。

私は話の結果、オレンジよりで赤さし色だと思ってたのですが、彼女は赤よりでオレンジさし色のつもりでした。

メッセージがポンポン飛び交っていて、私は画像を投稿したのでこれで安心と思い込んでしまっていて、お互い意見にズレがあることに気づかず進んでしまっていました。

この点はかなり反省です。

染めている途中に送った画像で、イメージにズレがあったことにお互いが気づいたのですが時すでに遅し(-_-;

ただ、現物の色合いをすごく綺麗!!と気に入ってもらえたので結果一安心でした(^^;

お互いの脳内イメージをすり合わすって、難しいですね。


<スポンサーリンク>

では、染め上り~。

後から赤は足しましたが、オレンジが強い印象です。

オレンジのポピーは花芯が茶色掛っているので、さし色に茶も入れています。

写真だと赤がわりと分かりますが、肉眼だともっと馴染んで見えます。

光沢のあるリネンです。

赤とオレンジの差が激しすぎないので、光沢とグラデーションで艶やかなオレンジに見えます。

カモミールと合わせるとこのような色合い。

綺麗な編み地になりそうな予感です♪

これは楽しみ(^▽^)

カセを縛っても赤が激しくないのが分かると思います。

玉巻きました。

染めていないカモミールの方もご希望で巻いています。

申し訳ないことに、糸が細く引っ張りに弱くてかせくり器でまわしていたら糸が切れてしまいました(><;

回していて糸が切れるなんて初めてです(T_T)

レビューにも切れやすいとあったそうですが、ホントです。

もう一つ、ケバが凄い!!!

1個玉巻くと、綿ホコリがこのくらい。

染めてないほうの糸で、2本指で羊毛フェルトを軽くつまんだくらい出ました。

鼻炎の方はご注意あれ~。

早く見て欲しいので、急いで発送です。(^^)

連休だから、時間かかっちゃうかなー。


<スポンサーリンク>

手染め麻糸*Orange Poppy” への1件のフィードバック

コメントを残す