手染め糸モヘヤとシルク*MossGarden

やっと講座の提出作品が編み終えられたので、添削が終えられてくるまで好みの編み物を楽しみたいと思います。
日中はまだ暑いものの、朝晩は気温も下がってきたので早く秋物に取り掛かりたいと思います。

今回の素材糸

ここ鹿児島ではまだ11月半ばまでは暑い日がかなりあると思うので、秋物といっても軽く暑すぎないものが欲しいです。

軽く暑すぎないと言えば、やっぱりシルク。
先日プルオーバーのChaikaを編んだシルクの紬糸も、当初こそ匂いや植物混のチクチクなど問題色々でしたが、数回洗濯をしたら問題も落ち着き、軽くほんのり暖かいという快適な着心地です。
この時の糸は「紬糸」なので製糸の際に出た落ち綿の再加工品の糸ですが、今度はちゃんとしたシルク糸でも編みたいと思っていました。

というわけで、シルクの極細糸に決定。
でも1本で編むよりも秋冬らしいふわふわなモヘヤと引き揃えて、太めの針でザクザク編んでいきたいと思います。

上がシルク下がモヘヤです。

モヘヤ糸

モヘヤというとウールと同じものと思われがちですが、これらは別なものです。
アンゴラヤギの毛から作られるのがモヘヤ、羊の毛から作られるのがウールだからです。

モヘヤの糸はウールの糸とは違って毛足の長いフワフワとした糸で、引っ掛かりが無いするする~っとした手触りです。
一般的なのは大人のヤギの毛のモヘヤ ですが、キッドモヘヤという1歳未満の子ヤギから取った毛のほうが、より柔らかく心地よいモヘヤ糸ですが、取れる量が少ないのでお高いのです。

毛足が長いので洗濯の手間がありそうですが、ウールと同じで30度以下の熱くない水で揉まないように洗えば問題ありません。
すぐ毛玉になりそうですが、毛玉はウールのほうが出来易いと思います。

モヘヤ風にご注意

そんなモヘヤがあったはずと、糸のストックボックスを探り取り出しました。
そして染色の為にカセを巻き直していると、手触りがアレ?これモヘヤ??という気がしてきました。
以前モヘヤでスヌードを編んだことがあるのですが、なんだかちょっと違う気がします。

気になって即座に購入時の糸情報を見て見ました。
するとウールとナイロンと記載があります。
あ。これモヘヤ風だったのか〜。
モヘヤとは上記のようにアンゴラヤギの毛の糸なのですが、ウールやアクリルなどで「モヘヤ風」に仕上げた糸も「モヘヤ」と表現されてしまっていることがあります。
昨年何にするとも決めていないまま、色んなタイプの糸を染めようと思って購入していた物なので、しっかり確認しないまま買っていたようです。

下側、このモヘヤはアンゴラヤギじゃなかったです。

今回は自分用ですし、新たに買わなくてもモヘヤ風でもいいかということでこれを使うことにしました。
皆さまも購入時には素材にご注意して下さいね。


<スポンサーリンク>

染色

最近気になる色味はくすんだ緑。
枯れていく植物の色とか苔のような色で、緑だけど褪せたりくすんでいるものが好みです。
秋らしくて良さそうです♪
早速シルクの糸をそのくすんだ緑にしてみました。

光沢が綺麗です

単色に見えますが、少し茶やオレンジみのある部分もあります。
シルクは光沢が強い糸なので、少しの色味の違いが写真だと分かりにくいです。
多少の違いですが縛ったこちらの写真のほうが分かり易いかもしれません。


2本の引き揃えとなるので、全く同じ色ではなく差を持たせて編んだ時に複雑に混ざった色味にしたいと思います。
緑を引き立てるのに、同じくくすみのある黄色でモヘヤを染めました。

あれ!?明るすぎました!

あれ?くすみ…どこ行ったのかしら(・_・;
美味しそうな卵焼き色になりました。
綺麗だけどこれイメージと違います。
染めている途中は良かったのですが、乾くとずっと色が薄くなりました。
そりゃこれだけ毛がふわふわしているので、色も広がって見えてしまうので薄くなるのですね。
経験して良かった、今後注意です。

トウモロコシのような黄色がドギツイですね。

2本を引き揃えてみると、黄色のほうが強く目に入りました。
これでは緑の編み地ではなく黄色の編み地になってしまいます。

こりゃあかん、染め直し染め直し。
ということでモヘヤだけもう一度染料を足しました。

ぐっと落ち着きました

今度はしっかり緑よりなくすみが加わりました。
もう少し黄色みを残すべきだったかなとも思ったりしますが、こちらのほうが2本が馴染むのは間違いないし好みです。
いや、個性的を狙うなら半分黄色でよかったかなぁ~。
しまった、染め直す前にちょっと編んでおけば良かった!(>_<;

これなら緑とも馴染んでいます。

命名は2本揃えて「 Moss Garden 」
お寺の苔むした庭のようなイメージです。

糸メモ

【シルク】
シルク100%
極細細 約100g2000m 
 
【モヘヤ】
ウール75%ナイロン25%
合細 約100g700m

2本引き揃えた状態でWPI 22


さて、これでやっと楽しく編めます♪
何を編むかはまた次回。
以前も編んだアレです(^^)


<スポンサーリンク>

手染め糸モヘヤとシルク*MossGarden” への1件のフィードバック

コメントを残す