手染めソックヤーン*森の小径・April Flower

青葉が眩しい季節になってきました。
つい2週間くらい前まではヒーターをつける日もあったのですが、今週は扇風機とチェンジになりました。
エアコンはせめて5月末までは控えたいのですが、雨が始まれば湿気も多いので出番はもう間近な気がします(*´-`)

ここ暫く春らしいものと意識して染めていましたが、一応春の中でも後半の夏に近いイメージのソックヤーンを、段染めで色違いの2カセ染めましたのでご紹介です。

森の小径

1カセ目はグリーンとブルーが印象的な染めです。

所々にピンクや黄色の色を入れています。
春から初夏の時期のような、緑が鮮やかになる森に小花が咲くイメージです。
暑さ過ぎない頃合い、いい時期です(*´ω`*)

命名「森の小径」
絵本の森カラーのような、明るく優しい色です。


<スポンサーリンク>

April Flower

さて、こちらはピンクや紫を使った糸です。
このカセも同じ、春から初夏の花や緑のイメージで染めました。

森の花畑というよりは、花壇で育てたような花の色合いですね。

緑も同じようにならない色合いで加えています。
ピンクと深い緑って、良い組み合わせですね。
ちょっと気に入ってます(*´∇`*)

命名「April Flower」
4月の花祭りのようなイメージになりました。

大巻のカセ

今回の染めなのですがちょっとした新しい事があります。

実はカセの巻が非常にビッグです!
…ってこれじゃわからないですよね(^◇^;)

今までのカセに比べると、こんなに長いです〜。
なぜかと言うと、3月に新しいかせくり機が到着したからです♪

木製で縦向き横向きが可能なかせくり機なんです(*´∇`*)
海外の方のオーダー制作なので到着まで2ヶ月半待って、やっとゲットできたお品です♪
回転も手触りもとても滑らかで、超お気に入りの一品となりました。

で、こちらのかせくり機で最大幅にして巻くと、今回の糸のように大きな巻のカセとなりました。
大きく巻いた事で何が違うかというと、ピッチも大きくなるという事です。
段染めをする場合、カセが小巻だと短いピッチで同じ柄が繰り返されるわけですが、大きく巻ければその分繰り返しの間が長くなります。

カセを半分ずつの色に染めた「ハーフ染め」という作品を以前ご紹介していますが、この巻の大きさなら3つに分けたトリプルも染められそうです(*゚▽゚*)

と、この様に大きな巻になっているのは良いのですが、通常の傘タイプのかせくり機では広がる幅が足りません。
ご購入戴いてカセでお送りする場合は、通常のタイプで合う幅に巻き直してお送りいたします。
現在は染めの色合いが見易いように、そのままでお見せしています。
巻き直すと色はばらけますので、画像とは違うように見えてしまいますがご了承くださいm(_ _)m

糸情報

スーパーウォッシュウール(防縮)75%・ナイロン 25%
合細
約100g約410m
棒針2号〜3号
かぎ針2/0号 〜 3/0号
ゲージ29目38段
糸繋ぎがある場合があります

おわりに

ウールなのでもう暑いんじゃない?と思われそうですが、ウールは吸湿に優れるので、その湿気が蒸発する際の気化熱で涼しく過ごせる素材です。
ショート丈で編むなど、夏でもぜひウールソックヤーンを楽しんで貰いたいなと思います( ´ ▽ ` )

先程、minneさんのツクルコトギャラリーに展示品として出品しました。
本日4月23日pm8時に販売品に変更します。
ご覧戴けたら嬉しいです(^ ^)

手染め糸*ツクルコトhttps://minne.com/@tukurukoto


<スポンサーリンク>

コメント