リクエストで春待ち草

以前染めてminneさんに出品していた防縮ウールの「春待ちの草」なのですが、、先日ご購入して戴けました。

こんな色の糸です。

写真がちょっと暗めですが、若草色と青緑のグラデーションにポツポツと斑が入った糸です。

ご購入戴いた後、別なお客様から「この糸を在庫や新たに染める予定はありませんか?」と、お問合せ戴きました。

先日、テストでオーダーを受けて見事に惨敗した記事を書きました。

http://ashiato.amepin.site/hand-made/dyeing/test-01/

この時は、自分が染めた事のあるものではなかったので、色や位置を合わせることがとても難しかったのですが、今回は染めた事があるものをお問合せ戴いた訳です。

染める糸も手持ちのものだし、使った染料や染めの位置、時間も分かっているのですから、80%くらいの自信で出来ると思いました。

残り20%は染料が分かっていても、色合いが同じように出るかどうかです。

お客様には、同じ色合いにはならないけれど…とお伝えし、染めてみる事にしました。

今回の場合は、色合いが大きく変わって別物になるような事はないので、もしお客様がお気に召さなくても、再販で出品する範囲で完成出来ると思いました。

そんな訳で染めたものです。

 


<スポンサーリンク>

 

ほぼ同じ染め位置で完成。

でも青緑が緑よりな色です(>_<)

そして若草色側は薄い

でも点々は上手く出ています。

この点々については、偶然の産物に近いものなので、位置や量はそんなに細かく設定出来ません(私が下手なだけですけど)

やっぱり青緑部分は、青さが少ないですね。

常にある程度の量を染めているのであれば、混色した染料を沢山ストックしたりするのですが、私のようにチマチマ染めているのでは、消費も少ないので染料をロスにしてしまいます。

色んな色で染めたいし、この辺がバランス難しいところです。

染料って腐らなそうですが、使う期限もあるのですよー(>_<)

マイナスな事ばかり書きましたが、別に今回染めた糸も綺麗な緑なんです。

このくらいは色の許容範囲として、再販で出していけたらと思っています。

色合いは少々違う結果になりましたが、お問合せ下さったお客様は、綺麗な緑だと喜んで下さったのでご購入して戴けました。

今後も作ったことがあるものや、私のあの作品をこんな色で(広い許容範囲でお願いします)…という事ならお受け出来るかなと思います。

ただ、使いたい糸があったり、染めた事がないタイプのものは、試作をしないといけないので、別途費用を戴く事になると思いますし、先にお支払いもして戴くようになります。

ご興味ありましたら、当ブログ、各SNS、minneさんからお問合せ下さいませ(^^)

そうそう。

カセを縛ろうとしたら、引っ掛けてしまい巻き直すことになり、色がばらけてしまいました(>_<)

まるで別モノみたい!!!!(^^;

元通りに巻くのって難しいので、美しい状態のカセ縛りを見られるのは解く前だけです♪♪

玉巻するとまた違いますしね。

美しいカセ縛りは黄金タイムです(*´ω`*)

 


<スポンサーリンク>

コメントを残す