手染めソックヤーン*桜と若葉

雨が続いていたので気がつくのも遅くなりましたが、あちこちで桜の花が知らぬ間に開いています。
卒業のシーズンですね(^ ^)

そんな桜の季節の色をソックヤーンで染めてみましたので、ご紹介します。

ハーフ染め

糸の紹介の前に、今回の染めについてちょっと書きたいと思います。

過去作でこんな糸を染めてご紹介しています。
「森と水面」という名前をつけました。

カセの1周を半分ずつに緑と水色に分けて染めています。
半周ずつが交互になっているので、靴下などを編むとセルフストライプの柄に編めます。
本来ならサンプルを編んでお見せするべきなんですけど、時間が取れなくてそのまま出品しちゃってました(^ ^;)

それが先日、こちらをご購入戴いたお客様が、とてもステキな靴下を編まれていたんです。
厚かましい事この上無いのですが、ブログにその作品を載せさせて戴けませんか?とお願いしたところ、ご快諾を戴けましたのでご紹介したいと思います♪( ´ ▽ ` )

View this post on Instagram

初の靴下挑戦中

A post shared by kazuko (@h.kazuko) on

編み途中のご様子。
色がグルグルと交互になっています♪途中で色が変わる段が数段ごとに前後段と重なる為、数段ごとに太いストライプが入るようにも見えています。

完成された作品です。
染め糸と白地の糸を合わせてらっしゃるのが、また爽やかで素敵ですよね。
リブ模様でストライプが締まって、また違う表情が見えるのも嬉しいです(´ω`)

それでですね、また何が凄いって靴下は初作品というのがビックリですよ!
私なんて初めて編んだ時は、ブッカブカの非常にだらしのないものが出来上がったのですが、きちんと編める方は何を編んでも綺麗なのですねぇ。
羨ましい〜( ;∀;)
h.kazukoさん、どうも有難うございましたm(_ _)m


<スポンサーリンク>

桜と若葉

というわけで、グルグル編み地となる春のハーフ染めの糸です。

お雛祭りのような、桜餅のようなカラーにしました。
ピンクのほうは段染めとスパックルありで、グリーンはグラデーションのみです。

境目は白っぽく、ゆっくり変わる感じです。

桜ってよく見ると、結構白いんですよね。
花びらをまとめている根元の「がく」とかが赤いですが、花びら自体はそうピンクではないんです。
こういう染めきっかけで、テーマにしたいなと思うものを調べたりよく見てみたりするのですが、当たり前に見ていた事が違っている事もあり面白いです(´▽`)

命名「桜と若葉」
4月から5月の時期の時候の挨拶で、「葉桜」という季語を使ったりします。
花が舞い散りながら緑が芽吹く新しい季節、そんなイメージの染め糸になりました。

糸情報

super wash wool 75%・nylon 25%
合細
約100g約410m
棒針2号〜3号
かぎ針2/0号 〜 3/0号
ゲージ29目38段
糸繋ぎがある場合があります

おわりに

ご購入下さったお客様の作品は、ブログでの投稿、Instagramでのリグラム、Twitterでのリツィートなどをさせて戴きたいと思っております。
ご購入後、突然ご協力をお願いする事もあるかと思いますので、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

今回の作品ですが、先程minneさんに展示として出品しました。
本日、3月12日pm8:00に販売品に変更致します。
ご覧戴けたら嬉しいです(^^)

手染め糸*ツクルコトhttps://minne.com/@tukurukoto


<スポンサーリンク>

コメント

  1. […] […]