手染めソックヤーン*星の昇る毛糸1夜と冬の灯

早いもので、もう11月も今日で終わってしまいます。
「一年はあっという間」と言いますが、その通り今年も駆け足で過ぎた気がします。
年末は仕事も家事も済ませなければいけないことが増えてゆっくりもしていられないものですが、好きなこともしっかり楽しみつつ一年を終わらせたいですね。

さて、今回も2カセソックヤーンを染めましたので、ご紹介をしていきたいと思います。

今回の染色

1本目

思いついた時から絶対に冬には間に合わせたいと考えていた「星の昇る毛糸」、やっとどうにか商品という形に辿りつきました。

「星の昇る毛糸」とは、糸替えをせずとも夕焼けの空から夜空へグラデーションで編み地の色合いが変わり、夜空の色には黄色い星が光るように染めた毛糸です。
構想から試作・改良と時間も掛けて、納得のいく仕上がりになれたのではと思っています。

試作*星の昇る毛糸その1
試作*星の昇る毛糸その2
試作2回目*星の昇毛糸完成

今回、この糸と同タイプを1カセ染めました。

夕焼けの色は赤めなので、試作1回目の方の色に似ています。
色合いの幅、夜空の色、星の数は試作2回目に合わせています。

似通って染めてはいるものの、色合いや細かいバランスはどうしてもその時々で変わってしまうので似てはいても全く同じにはなりません。


何を編んでも構わない毛糸ではありますが、靴下や手袋類のような2つで1組のものを編むことを考えて染めています。
なので、同じ柄で編めるよう中央で折り引き揃えた状態で染めています。
ストールや帽子など他の物を編む場合は、ご注意下さい。

毛糸を端から端まで平編みすると、こんな感じになります。
なので、中央で切り離し両端から編み進めれば同柄のものが2つ出来るというわけです。
今回の染めの場合は中央は夕焼けの色なので、両端が夜空の色です。
靴下を編む場合も、どちらの色が履き口になってつま先になるかは自由に考えて戴ければと思います。

1カセを切らずに利用し易く染めていますので、折り返し引き揃えることで撚りの方向が逆になることを気にされる方もいらっしゃると思います。
ソックヤーンではさほど触りや編み心地といった、編み地への影響は私はそう無いと感じておりますが、気にされるようでしたらご遠慮下さい。

試作での反省を踏まえ、星の数はかなり多くなっています。

命名「星の昇る毛糸 1夜」
星の昇る毛糸は、1タイプではなく色合いを変えて今後も染めていこうと考えています。
なので、通し番号として1夜、2夜、3夜と「夜」をつけることにしました。

私が染めている中では、一番に手順も作業時間も多いのでそれなりなお値段にさせて戴きました。
全く同じものは無い、夜空のグラデーション。
大切な方へのプレゼントを編まれるのにいかがでしょうか。


<スポンサーリンク>

2本目

2本目もグラデーションのソックヤーンです。

ほんのりとした黄色から濃紺にグラデーションする糸です。
写真は赤より先が白く抜けたような色になっていますが、実際はもう少し黄みがかっています。

濃紺と赤の間のグレーがとても綺麗です。
こういう鈍い色が入ると赤や紺がとても引き立ちます。

この染めも、靴下等の2つで1組を考えて染めたので上記のような中央で分けることが出来るタイプです。
黄色側が両端で、濃紺が中央です。

命名「冬の灯 GD」
寒そうな冬の宵闇の中で灯る、柔らかく暖かい暖炉の火のような色合いにみえました。
GDはグラデーションの略です。

こうして無事名前もつけたのですが、それにしてもこの色の混ざり方どこかで見たような…。

数時間たった頃ハッと突然辿り着きました。
叫びですよ、ムンクの叫びの背景の色でした!
そんな陰鬱とした気持ちで染めてないので、名前を変える気ありませんけど、とりあえず思い出せてスッキリしました。
頭の隅に色のイメージって残ってるんですかね。

糸情報

スーパーウォッシュウール(防縮)75%・ナイロン 25%
合細
約100g約410m
棒針2号〜3号
かぎ針2/0号 〜 3/0号
ゲージ29目38段
糸繋ぎがある場合があります

先程minneさんに出品しましたので、ご覧戴けたら嬉しいです(^^)

手染め糸*ツクルコトhttps://minne.com/@tukurukoto


<スポンサーリンク>

コメント