テストでオーダー毛糸染め②

前回記事の続きです。

前回を抜粋すると、お声掛けを戴いたP様にご協力してもらい、テスト(練習)という形でご要望に合わせ糸染めをすることになった、という内容です。

現在オーダーを受けているわけではないです(^^;)

 

で、早速どんな風に染めるのかお聞きしたら、私の作品の…

こんな感じ。

白に点々と色が付いているところの様にとのことでした。

他に参考となるセーターや糸のお写真も戴いたので、大体の色合いのご希望も分かりました。

この、点々模様。

とても可愛いので私も大好物なのですが、油断すると滲んでしまったりつき過ぎたり、加減も難しいのです(´Д`; )

今まで全体に色をつけた上にとか、上の写真の作品の様に一部だけとか、そういう染め方はしてたんですが、フル!オンリー‼︎というのは初なので、先ずは実験させて下さいと伝えました。

本番に染める物と似たような、手持ちの糸で染めました。

 


<スポンサーリンク>

 

なんとか滲みは無く完成!

これを試し編みしてみます。

私の作品の点々度合いに合わせてしまったので、インクのつき方が小さく、編んでも1目の半分程度しか色がついてません。

やり直して2回目。

今度は点がさっきの2倍くらいあります。

こちらも編んでみると…

前よりはついてるけど、見本で貰ったセーターの写真とは程遠い…っていうか、あれ⁉︎

セーターの写真の糸は点じゃない⁉︎

連続して染まってる⁉︎

私の作品でないので、ここにUPするのは控えますが、P様がイメージのつもりで送ってくれた無関係の糸と編まれた作品の写真を、私はその糸で編んだ作品と勘違いしていたんです。

落ち着いて考えてれば分かる事なんですが、テストとはいえオーダーという緊張からなのか、そんな事すら気付かずに点で染める事に頭が行ってました(T_T)

そんな訳でまたお待たせして3回目の試作(^^;)

だいぶ色が広がりました。

こちらも試し編みします。

ちょっと青の比率が高くなってしまいましたが、1目2目は色がつくようになりました。

戴いたセーター写真はもっと長い連続でしたが、P様もこの位で青だけ2割減ならとのご意見でした。

一応この時点で試作は終え、了解も得てから本番用の糸も購入しました。

ウール40gを7玉280g。

単色にドボンではないので一度には無理です。

3玉と4玉に分け、作業する事にしました。

 

さて、今回も途中ですがまだ続きますので、この辺にしてまた次回にしようと思います(^^;)

次がついに失敗した糸染めです。

今日のところまでは上手くいきそうだったのになぁ〜(´Д` )


<スポンサーリンク>

コメントを残す