フレンチプルその①

前回、追加で綿麻糸を染めたことでリネンと合わせて325g用意出来ました。

緑の綿麻糸75gは並太、こげ茶のリネン糸250gは合太サイズです。

私はLサイズ体型なのですが、この糸量ならダボッとは出来ないまでもシンプルなプルオーバーなら編める量になっていると思います。

で、今回は日本語でさらっと編みたいので、簡単で可愛いフリーパターンの宝庫である通販サイト「毛糸ピエロ」さんのサイトで探させてもらいました。

目に留まったのが作品「218s-01フレンチプル」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

作品♪218s-01フレンチプル
価格:0円(税込、送料別) (2018/5/27時点)

 

シンプルなラインだし、夏らしく涼しげな透かし模様も可愛いです。

参考作品は可愛らしさのあるピンクですが、染めた糸はこげ茶と緑なので甘い可愛らしさにはならないので、私のようなオバサンでもきっと大丈夫なはずです(*´∨`*)

作品の指定糸は「Felice(フェリス)」という糸で、私の染めた「アヌークリネン」より少し細めです。

この編み図通りで編むと横は少し大きく、縦は同じくらいで編めそうです。

私はLサイズですから少し大きく編めているほうが良いので、横はこの編み図のまま、縦は寸法を測りつつ様子見で増やそうということにしました。

本当はスワッチを取って編むべきなのですが、今回はすっ飛ばしちゃいました(^^;

また、2身頃の下部を数段2色でストライプにして全体的にはこげ茶糸で編みたいと思います。

緑は75g染めていますが指定糸の使用量も280gなので、それほどは緑も使わないで済むと思います。

というわけで、編み図はこちらに決定したので早速取り掛かりたいと思います。

 


<スポンサーリンク>

 

裾や襟、袖口は全てガーター編みでした。

そういう服は久しぶりに編むかも。

身頃の下部を緑とこげ茶の横ストライプにしていきます。

何段ずつでストライプにするか迷いました。

太いのをどーんと何本か入れる。

太いラインからだんだん細いラインにしていく。

色々考えましたがここはやっぱり細めに2段ずつを交互に決定。

緑を13回編みいれて脇まで編みました。

おう。

なんかいい感じの地味配色です(´∀`*)

胸から肩までが透かし編みなので、気にならない程度の範囲にしました。

合太と並太の糸ですが、そんなに凸凹感も無い編み地になりました。

透かし編み模様は、掛目と二目一度を1段ごとに交互にしていく模様です。

この段からずらっと透かし模様が始まるというのではなく、中央から少しずつ始まりV字型に上に広がっていく模様なのが女性らしくて素敵です♪

 

この編み図は襟が直線なので、表身頃・後身頃の区別がありません。

もう一枚編み終われば繋ぐだけなので、とっても早く出来上がりそうです。

鹿児島は既に梅雨入りしたので、ムシムシジメジメを乗りきれるよう早く完成させて着まわしたいと思います(`・∀・´)


<スポンサーリンク>

コメントを残す