英文パターンKindness KAL Shawlその②

前回の続き、染めた綿麻糸を使ってRaveryのフリーパターン「Kindness KAL Shawl」でショールを編んでいます。

レースメッシが終わり、最後の仕上げのレース模様になりました。

3回パターンを繰り返す指定なのでこの時点でもう2段ほど編めば終わりです。

んー、せっかくのレースなのにちょっと短いかな…(´・_・`)

残り玉を計ってみたらまだ82gもあります。

200g染めて、犬服とスワッチで40g使っているので160gから始めたこのショール。

まだ半分の80g程度しか使ってない事になります。

パターンはFingeringサイズの糸を100gなので、やはり近い重さまで編みたいと思います。

 


<スポンサーリンク>

 

レース模様を7回繰り返しました。

6回と少しで100g使用になったのですが、途中になってしまったのでもう7回にしてしまいました。

端は指定のJSSBOでゆるっと伸びる伏せ止めです。

ピン打ちまだなので、レースのヒラヒラ感が無いです。

それなりに長かったですが、楽しかったー♪♪

さて、今回はピン打ちの為にこれを用意しました。

今まで家にあった余り建材に打ってたのでね、ちゃんと編み物用にしようと用意です(^^;;

100均で400円。

ホムセンで買うより200円くらいは安いのかしら。

さっと洗って打ちました。

微妙に枚数が足りない…(-_-;

もう1組買わないとウェアでも広がるようなデザインじゃ入らなそうですね。

今日は曇り気味ですが、もう夏みたいな気温なのであっさり乾きそうです。

はよ乾け~♪


<スポンサーリンク>

コメントを残す