手染めソックヤーンで基本の靴下・その1

手染めのソックヤーンが出来たので、早速編んでみたいと思います。

数年前に靴下編みブームが起きた頃、靴下には挑戦しています。

雑誌の毛糸だまや島田俊之さんの書籍を見て2足くらい編みました。

当時の初めて編んだ靴下は、残念ながら履くうちにズレてしまうという編みあがりになってしまい、数回履いただけで終わってしまう靴下になりました。

もう1足もフィット感はイマイチで、さらに普通のウール糸を使用してしまったので、フェルト化も早く固い使用感になってしまいました。

あまりいい結果にならなかったことで、そのまま熱は冷めてしまいその後靴下は挑戦していません。

 

今回は毛糸も防縮ウールなので洗濯も気を使わずに済みますし、しっかり使える実用的なものが編みたいです。

そして、つま先やかかとなどの編み方も色々あるので、自分サイズに調整しながら色々なタイプの靴下を編めるようになりたい!と思いました。

せっかく手染めの糸を使うのだから、長く使えるものでいてもらいたいです。

というわけで、カスタマイズの勉強になるとレビューのあった、林ことみさんの「手編み靴下研究所」を新たに購入して基本のタイプから編んでみることにしました。

こちらの本は、英文パターンのようにどこを何㎝編んで…のような解説で紹介されています。

説明の後には「念のため」と編み図も載っていますので、編み図を見て確認もしつつ進める感じになりました。

英文パターンで「読んで編む」というのにも慣れてきましたが、先の部分はざっと読みになってしまい、その部分に辿りついた時にちゃんと理解するような形なので、現在はまだ「先がよく見えてないまま進む」感じになってしまっています。

今までずっと編み図頼りだったし、先のことを一目で理解出来るのであるとやはり安心してしまいます。

こういうのはやっぱり経験数なのですよね。

 

基本の靴下を解説した後は、他のデザインのつま先やかかとの編み方を紹介しています。

組合せ次第で色々なタイプの靴下が出来るということです。

そして、つま先から編む方法や、2足同時に編んでいく方法も紹介されていました。

2足同時は面白い編み方なのでしょうが、やってみたいという気は起きませんでした。

針がもう一組必要なのと、片方が見えないまま進むというのがちょっと…。

そのうち思い立つ時があったらするかな~、しないかな~(笑)


<スポンサーリンク>

 

基本の靴下は、履き口から編むタイプでかかとはボックスヒール、つま先はワイドトゥの靴下です。

染めの段階で、履き口のリブはオレンジになるよう計画してました。

でもあと3段分オレンジに染まってれば良かったです、オシイ!!

リブの次はカフスという足首まわりの部分。

模様編みを楽しめる部分ですが、ここは段染めを生かしてメリアスにします。

カフスが終わり、ヒールのフラットというアキレス腱あたりにくる部分を編んでいきます。

かかと部分らしくカーブしていくのは楽しいです。

フラットからターンというかかとの裏にあたる部分を編み、ボックスヒールの完成。

続けてカフスの前側から自然と繋がるよう、マチを編みます。

ここから長ーいメリアス砂漠。

インステップというマチとつま先までの部分をひたすら編んでいきます。

つま先を均等に減らして、ワイドトゥの完成。

でも、つま先って親指側が高くて小指側が低い斜めな形なのに、こんな形で大丈夫なのだろうか?と心配に思っちゃいます。

早速足を入れてみましょう♪

お!! ぴったり!!!!

ちゃんと形に合って伸びてますね、面白いなぁ~。

以前編んだものより、糸も細いので靴下らしさがあるし何よりフィット感が全然違いました。

かかともピッタリです。

早く両足揃って履きたいです、反対の足も頑張らねば~!!


<スポンサーリンク>

コメントを残す