編物道具の収納*輪針やコードの小分け

これをしたい!と思った時に、あれやこれやと準備をしないといけない事がとにかく嫌いです。
台所でも電源が必要なよく使う家電は、殆どタップに繋いであるのでスイッチを押せば動く状態にしていますし、リビングも作業台周りも頻繁にする事がすぐ出来る状態になるよう配置を考えています。(美しい状態とはちょっと違うかもしれませんが…)
手芸に関してはミシンが以前は作業台にずっと据え置きだったのですが、頻度が下がったので収納をしました。
一旦収納してしまうと、今度は押入から出したりコードを挿したりを考えただけで、更に使う気が失せてしまいます。
歳を重ねる毎にこの傾向が極度に強くなっているので、箱一つ出してくれば概ねそれだけで始められる編物から全く離れられる気がしません(´ー`;)

そんな編物の収納について、少し前に記事にしました。
ダイソーの200円商品のファスナー付き収納ケースを使って、編み物収納をしているという内容です。
使うものだけを手軽に入れて、リビングや仕事場への移動で持ち運んでいます。

編み物道具の収納
編み物の良いところは、場所を選ばず小スペースで手元だけで出来るところです。途中になっている編みかけを片付ける時も、針から目が抜けないようにしてカゴや袋にサッと入れるだけでいいという手軽さです。素晴らしい。洋裁ではこうはいかないですもの...

その後、ココ不便!と感じる部分が出てきたので、今回は入れ替えた所をご紹介したいと思います。


<スポンサーリンク>

変更前の収納の様子

前回ご紹介した収納ケースの中身です。

  • 中央にその時編んでいるものや糸玉
    冬物で毛糸200gくらいと前後身頃くらい入りますが、基本的に今編んでる部分だけ入れておく収納なので完成したパーツは他へ移動したり、編んでる分が無くなったら毛糸を他から移動して入れたりしています。
  • 右にメモ用の編み物ノート
  • 右奥に無印良品の眼鏡ケースに入れたかぎ針と小はさみ
  • 左にTulipの取替式輪針のセット
  • 奥にA6サイズの蛇腹書類ケース
    蓋は常に開いていてTulipの替えコードや、替針式ではないaddiの輪針や CraSyTrioなどが蛇腹に入っていて、手前側に無印良品のevaケースに小分けにした目数リングや縄編み用の針やとじ針が入っています。
    黒猫はメジャー。

私は現在 Tulipの替針式輪針が中心で編物をしています。
棒針も学生時代から増えてきたものがあるのですが、束にしてリビングの取ろうと思えばすぐ手の届く棚に立ててあります。
この収納ケースには斜めにすれば数組の棒針も入るので、編みかけの場合はそうして片付けて作品が完成したら棒針は棚に戻しています。

輪針はやっぱり個別がいい

2ヵ月近く上記の状態で使ってきましたが、やっぱり何かの拍子に編地に輪張りのコードが引っ掛かり出てきたり、書類ケースの内側は隙間があるのでCraSyTrioが隣の区切りのほうへ移動してしまっていたりと、区切りの役割が不十分と感じることもありました。
他にも、編かけを取り出すと手前に重みで書類ケースが倒れてきてしまったりします。

出来るだけ持ち合わせで済ませたかったので、少しのことだしとその度に直していましたが、どうにかしたいと常に思うようになってきました。

そこで、無印良品でA6サイズのevaケースを5枚購入してきました。
小物を入れたevaケースを購入した時に、輪針は増えたらこれで分けようと、すでに目をつけていた商品です。
100円ショップにも似たものがありますが、薄いしカラーが好みでなかったのでお値段は上がりますが無印を選びました。
もう一つ白のケースはセリアで購入しました。
この白ケースとevaケースは幅がシンデレラフィットなのです♪

まずは、輪針を小分けにします。
分かりやすいように、後で何号が入ってるかタグシールをつけてもいいですね。

ほらほら!ピッタリですよ~‼
これなら倒れてきませんよね(^_^)

改良後の収納

小物もかぎ針ケースも手前に差し込みます。
ガッチリピッタリはまりました。
今は必要ないけど入れておこうとケースの蓋を下に重ねたので、手前に定規を挟める隙間ができました。

これで収納バッチリです♪
糸が~!コードが~!とずるずる絡まる危険が激減出来て一安心です。

今後もまた物が増えたりすると思うので、収納は変化していくと思います。
何かいい方法があったときは、また投稿します(^^)


<スポンサーリンク>

コメント

  1. […] 編物道具の収納*輪針やコードの小分け […]