糸のその後・Mさんの作品

自分一人で思ったように糸を染めるのも楽しいですが、誰かにこんな色合いが欲しいとか、こんな組合せで出来ないかな?などと提案をもらって染めるのも、一人では思いつかないことに出会えるので、それはまた楽しい作業です。

いつもご紹介していますが、私には仲良しこよしなハンドメイド沼親友Mさんがおり、そんな一人では思いつかない提案をしてもらい、染めて送ったりしています(^^)

例えば、こんな糸。

鳥好きなMさんが首にインコ色を巻きたいと、依頼してきた糸です。

とてもインパクトある発色です(^^;

(詳しい話は過去記事をどうぞ→  

で、こちらの糸で編んだ完成品写真をもらいました。

おお~!ビビットでインパクト強いですが、とても可愛いですね♪

糸はソックヤーンで、パターンはHoney cowlです。

編んだ時にこの並びで色が出るよう、相談して染めました。

え?いいの?ホントに大丈夫??

私の脳内にはこんな色の嵐は吹いてないので、何度も聞いたと思います(^^;

でもこうして完成したのを見ると可愛いらしくてかなり羨ましいです♪


<スポンサーリンク>

もう一つ、完成写真を戴いてます。

少し前にオレンジポピーの色に染めたリネン糸です。

白い糸をオレンジに私が染めたものと、元からカモミールカラーに染まっている糸を引き揃えて3本どりにして編んだそうです。

2本引き揃えるとどうなるだろうと、2人ともわくわくしました。

(詳しい話は過去記事をどうぞ→手染め麻糸*Orange Poppy

素敵~!!!オレンジの糸がカモミール色の糸と混じってピンクがかったような色合いになっています。

引き揃えた3本の糸はパーツによりの組み合わせを変えたそうです。

リブにはカモミール2本とオレンジ1本、身頃と袖にはカモミール1本とオレンジ2本が合わされています。

引き揃えた数でグラデーシを作るなんて、小技も効いていて素敵ですね。

余談ですが、合わせているスカートも手作りだそうです♪

編物も洋裁も独学でなんでも綺麗に作ってしまうので、ホント凄い!

もしかして、このスカートに合わせるつもりで編んだのかな?

コーディネートもばっちりですね(^^)

糸は毛糸ピエロさんの極細リネン、パターンはRanunculusです。


私が染めたオレンジは段染めなので色つきの違う部分があり、このように濃かったり薄かったり、オレンジだったり赤だったりと、面白い編み地になっています。

編んでいて次々色が変わるから面白くて止まらないよ~!と報告してくれるので、染めている側としては嬉しくてたまらないところです。

実はこの作品、最初は2本どりで編み完成するものの、やっぱり3本にしよう!と解いて最初からやり直したそうです。

Mさん曰く、3日で編める!

だそうなので私からしたら激早です(^^;

むかーし昔、若かりしあの頃編んでる姿を見ましたが当時から早かった記憶が。

私何日掛るだろう、1週間かな〜(^◇^;)

さて、今回は染めた糸のその後ということで、Mさんの2点の作品をご紹介させて戴きました。

現在Mさん用のまだ染めてない糸が我が家にありますので、近くまた作品を見せてくれることになると思います。

今度は何を言い出すのだろう。

楽しみです(^m^)


<スポンサーリンク>

コメント