リネン糸でRanunculusその③

前回の続き、Raveryで購入したプルオーバーのパターン「Ranunculus」を染めた糸で編んでいます。

前回記事
リネン糸でRanunculusその①
リネン糸でRanunculusその②
使用糸
手染めリネン糸*Lemon&berry candy
使用パターン

上から編むトップダウンのパターンで、胸位置までが模様編みや増し目などで忙しく編んでいくのですが、そこから下の裾まではずっとメリヤス編みです。

糸の足りない分を前回染めたしグラデーションにして編み始めたわけですが、そんな色が変わる楽しみが入ってくるとメリヤス続きでも頑張れます。

メリヤス編みの編み地は大好きなので、一着ずっとメリヤス編みでもいいんですけど、胸まで編み方がころころ変わってたのでそのギャップがあり過ぎて、ガクッと来た気がします。

そして流石麻糸!手が痛いよぉ!!!(×△×;

リネン100%のバリバリではないけどコシのある糸なので、長い時間編んでいるとキシッと指に擦れてきます。

合わせて現在梅雨真っ只中。

エアコン掛けてないと、手で湿ってきて滑りが悪い〜(T△T)

私はTulipのCarryC Longの替え竹輪針で編んでるんですけど、こういう糸の時は金属のほうが良かったですね。

 


<スポンサーリンク>

 

さて、そんなこんなで頑張って裾まで編み終えました。

わー♪出来たよ可愛いよ~♪♪

などと、試着してくるくる回るほど気に入りました。

このまま着てどこか行きたいくらいですが、糸始末がまだです。

糸始末って山を乗り越えたらもう一つ丘が出てきたよ、というくらい気持ち面倒な作業ですが、仕方がない片づけねば!!

そうして3カ所くらい糸始末を終えて次に取り掛かる時に…

え、何この変な目(・ω・;)

写真のど真ん中より一段上です、お判りでしょうか。

1目飛んでて、裏を見たら引上げ編みになってました(T□T)

ここは糸繋ぎしたところがすぐ下の段なので、目が多少おかしくてもそのせいだと思ってたのですが、まさか目を飛ばしてたなんて――――!!!

糸繋ぎは2本どりのうちの1本なので、1本は繋がって通っていて直すのは困難です。

どうにかこのままで着られないか、いや背中中央で目が飛んでるなんて絶対変だよ!!

頭の中で天使と悪魔が戦いましたが、天使が勝ちました。

せっかく自分好みのものを編んだのに、着たくなくなるようでは意味が無いではないか。

それに編むことが楽しいのだから、やり直すのを苦労なんて感じるはずがない。

と、一生懸命ポジティブに気持ちを切り替えながら、くそぉぉぉ~(>△<; と糸を解いてバストラインまで逆戻りしました。

ただいまメリヤス砂漠、すぐに再会できて嬉しいよ(T_T)

完成を載せたかったのですが残念、また次回です~。


<スポンサーリンク>

コメントを残す