自作段染め糸を試し編み

先日の記事で自作の段染め糸に挑戦したことをご紹介しました。

[blogcard url=”http://ashiato.amepin.site/hand-made/dyeing/make-variegated-yarn/”]

今回は、その染めた糸を使って小物を編んでみたのでご紹介です。

こちらがその染め上った糸数種です。

どんな風になるかなども考えもしないまま色をつけたのですが、編むと良い感じに色がばらけました。

偏った染めにならずに染められて良かったです。

綿のラメ入りレース糸をスタークロッシェでコースターに。

かなり濃い感じの赤だったのですが、くすみがかったピンクになりました。

ところどころ入れた緑や黄色、茶色が派手すぎず馴染んでて良かったです。


<スポンサーリンク>

 

こちらは麻糸、同じくスタークロッシェでコースターに。

染め上ったらかなり色落ちしたのですが、とても良いトーンで落ち着き満足してます。

色をのせた時はこれですから、かなり落ちてるのが分かると思います。

赤を入れて派手すぎ!?と心配になりましたが、良いアクセントに染め上って良かったです。

こちらは左がウール100%(緑の糸)、右がナイロンのファー(カラフルな部分の糸)です。

左は他素材と合わせ引き揃え糸にして、右はモヘアを下段に使い、それぞれシュシュにしてみました。

左に使った緑の糸の染めの時点です。

これもかなり色が落ちたのが分かると思います。

 

このような、初回の自作段染め糸だったのですが、実はこの後も色々染めをしています。

初回がなぜこんなに色落ちしたのかも分かりました。

実際に色々とやってみないと分からないものですね。

また頑張ろう♪


<スポンサーリンク>

コメント