素焼き鉢リメイク*白と黒

皆さま、本日から令和です♪
如何お過ごになられてますでしょうか?
あいにくの雨模様がより一層、時代の移りを寂しく感じさせてますね。
さよなら平成、よろしく頼むよ令和(*´-`)

さて、そんな記念の日ではありますが、庶民の私はルーチンワークと糸染めをし、合間には多肉で癒されながら平穏な一日を過ごしています。
先日の記事でご紹介したように、ボロボロと錆びていたステンレス棚を塗り直し、作ってみたかったリメイク缶も満足な出来栄えとなったので、益々多肉を眺めに庭に出るのが楽しくなりました(^ ^)

短時間ぼぼ塗って貼った程度の事ですが、色やテイストが揃ってくるというのはとても気持ちが良いです。
ぜーんぶリメ缶にしてもいいくらいですが、いいサイズの缶をまだそれ程用意出来ていないし、多肉を全て寄せ植えにするつもりではないので、何か揃えた鉢を用意したいです。
やっぱり多肉って品種ごとに鉢を分けた方が、カッコ良くないですか?

品種分けの個別管理

初めてこれが多肉と認識した頃は、多分どこかの寄せ植えとかを見て、可愛い!素敵!と思ったはずなんですよ。
で、以前育てて全滅させた時は、種類などを考えずに真似して寄せ植えをしてたと思います。
今考えれば、日光が欲しい、水が欲しい、寒いのはダメなど、一つ一つにタイプがあったのにゴサゴサと一緒に植えてしまっていたんですよ。
それはもう、早くダメになってしまう筈です(>_<)

ところがこうして今、多肉をしっかり育てていこうと諸先輩方のサイトや画像を見ていると、一株ごとの個別管理の方が多い気がしました。
私が調べている内容にもよると思いますが、品種や成長具合などといった内容を重視されている方は、ほぼ個別管理だと思います。
勿論、憧れのガーデン!といったカフェなの?植物園なの?というような素敵なお庭でも、しっかりと品種に合わせた管理されている方もいらっしゃいます。
でもそれを感じさせないんですよね。
それぞのの特徴などをキチンと理解済みであるからこその、上級テクニックなのだと思います。

私も今度はむやみに取り混ぜたりせず、まずは一つ一つに丁度良いサイズの鉢に植え、名札をつけてずらっと並べた管理をしてみようと思います。
株が大きくなれば、子供が生えてきたりもします。
その時に増えた子株が多ければ、寄せ植えを作ったりしていこうと思います。
初心者なのですから個別で鉢を眺め、形や名前を覚えたり、似ているものと見比べてみたりそいうところから、初めていこうと思いました(^ ^)

揃える鉢は素焼きで

というわけで、揃った鉢が必要になります。
多肉を育てている方はプラ容器の鉢の方が多いようですので、ホムセンなどで沢山該当の商品がありそうです。
けれどせっかく好きな物を並べて癒される空間にしていきたいのだから、好みのタイプな鉢が良いです。
私的にはプラよりテラコッタかな〜。

調べてみると「素焼きの鉢は水分が飛びすぎるから良くない」「いや寧ろ乾燥するので良い」と、使う人によって意見は様々なようなのした。
なんだ♪それでは見た目を取ろう!と、私は素焼きの鉢で揃えていく事にしました。

こちら、各地に多くの店舗があるダイソーさんの素焼き鉢。
特大1個100円、大2個100円、中3個100円、小4個100円というようにサイズも豊富です。
長く出ている商品なので、いつでも買い足しにいけるのが助かります(*´▽`)

これを白く塗っていきます。
みんな大好きミルクペイント使いました。
ガーデン用買ったつもりが普通のタイプでした(^◇^;)
まぁ、多肉だからガンガン日や水当てないし、今回はこのままでいきます。

プライマー必要かと思い1回目作った時は塗ったのですが、水やりで塗装が水泡みたいに膨れるので無い方がいいです。
ハケの代わりで割り箸にスポンジ挟んで自作ハケです。
使い捨てなので作業も気楽です〜(^ ^)

黒いのも作りました。
白とはまた違ったカッコ良さです♪


<スポンサーリンク>

ラベルを貼る

で。
ただ鉢を塗っただけというのもツマラナイですよね。
何か揃えたデザインにしていきたいのです。
とはいえ、この数の鉢に文字を書くのも時間が掛かるし、先日のようにラベルと貼るのも鉢が小さいし、素焼き鉢でラベルはまた違うような気がします。
ステンシルシートでもいいんですけど、今から作るのが…。

決してやる気が無いわけではないですが、購入済みの多肉達も私のお家はまだかしら?とお待ちかねなので、とにかく短時間でサッと作りたいんですよ(^◇^;)
サッと作れるけどオシャレ感も重要!
この譲れない戦いに頭をひねり、良いものの存在を思い出しました。

こちらブラザーさんから出ています「P-TOUCH CUBE」という名前のラベルライターで、PCに繋がなくてもスマホアプリからデザインをして、ラベル印刷が出来てしまう便利な道具です〜。


これを使って文字ラベルを作り貼る事にしました♪
ラベルはラミネートタイプの防水だから濡れても大丈夫だし、簡単ですぐ出来るじゃないですか(*´ω`*)
早速文字を選んで作ってみました!

アプリにオシャレな文字がたくさんあるので、迷ってしまい時間が掛かってしまいます(^ ^;)
枠とかもあるので、装飾にも迷ったりしてました。

そしてこんな感じに印刷です。
何を書くべきか悩んだのですが、個別管理=番号みたいな発想で番号付けちゃいました。
番号のみも寂しいので、縁まわりに多肉を意味するサキュレントをつけました。
シンプル〜、でも良い感じだわ♪と満足しています。

簡単に出来て良かったのですが、やっぱりデザイン出来る範囲って限られているのが残念な所です。
「P-TOUCH CUBE」で作るよりも、PCでキチンとラベルデザインをして、専用紙で印刷するほうが良いのは間違いないです。

ただ、この鉢の形って円柱じゃないくて逆さの円錐形なんですよね。
という事は、普通に文字や絵を描くのではなく、それを扇型のデザインにしないと上手くラベルが真っ直ぐに見えて貼れないって事なんです。
四角いシールを貼っても鉢が下側にいくほど角度がついて狭まるので、真っ直ぐ貼れない状態になります。

今回「P-TOUCH CUBE」で小さい枠を書いた数字を貼りましたが、こちらもこれ以上長く大きなものを貼ると、上記の理由で曲がって貼りきれない膨らみなどが出来てしまったはずです。
そう考えると今回のデザインは手を掛けず本当にgoodだったと思うので、このまま増やしていきます♪
PCでのデザインも時間のある時に挑戦してみます(*´∀`*)

完成

鉢が出来たので早速植えました♪
わー、揃っているって本当にいいわぁ(*´∀`*)
早く後ろ列のカラフル鉢達も取り替えたいww

もう一つ、黒いほうの植木鉢にも貼りました。
こちらは白文字のテープでカッコよく英文貼ってます(`・ω・́)
黒鉢にはハオルチア種を入れる予定なので、ハオルチアとは…という説明文をそのまま英文で書きました。

ただ残念な事に買ってあったのが艶消しの透明タイプだったので、浮いた感じになってしまった事です(T − T)
普通の透明タイプを買っておけば良かったです。
近いうちにテープ買い直して貼り替えます。

おわりに

癒し空間に向けて、ちょびっとずつ順調に改造しております。
塗装は乾燥が必要なので、合間合間に出来るからそれ程苦は無いです。

糸染めてー、鉢塗ってー。
糸干してー、鉢塗ってー。

ふふふ、楽しい毎日です(*´ω`*)


<スポンサーリンク>

コメント