多肉用の棚と鉢をリメイクで♪

初心者が楽しい多肉ライフの為、頑張っている記録です(^ ^)

前回記事では多肉の定位置が決まったので、リビングから窓の外にその可愛い姿が並ぶのをニマニマと見られるようになりました。
可愛いナー
色がいいわぁ〜
と、微笑ましく見いるのですが、何だかあらゆるものがチグハグです。

それはそうです。
手短に100円均一で購入してきた統一感のない鉢に、ガサガサっと植えてあります。
そして庭でサビサビになっていた、事務所っぽいステンレス棚に並べている訳なので、オシャレ感が程遠いんですよヽ(;▽;)ノ
オシャレサイトでみるような感じに!…とまではいかなくても、もう少し整って眺めていられるようにしたいものです。

とりあえず座っていても変わらないので、行動あるのみです(`・∀・´)

錆びたステンレス棚をリメイク

錆びた棚って素敵なんですけど、これは元々が普通なんでただ汚い感じになっている状態です。
もういっそ塗り直したほうがいいんじゃないかと思い立ち、すぐにホムセンに行ってきました。

錆びた状態の物に塗るには、まず錆びを金ブラシなんかで落としてからするものなんですけど、現代って素晴らしいですね。
もう錆び落とさないで濡れる塗料が出てました(^◇^;)
もちろん錆び落としの労力がいらない分、数百円お高いという現実がついてきます。
私は労力と時間を優先して、お高いのを承知で購入です(T − T)


色は黒を買いました。
ある時期から白い家具にハマり、実は家の中の家具や家電、作った棚などはできる限りで白いものにしています。
なので当然、棚も白で!!!と思っていたのですが、どうも白いと似合う気がしないんです。
それはサンルーフの柱や雨戸の戸袋が、黒だからです。
ひと昔前の家なので古いタイプの住宅デザインなものですから、地味系なんですよ(*´-`)
じゃあ、そのまま合わせて黒っぽいテイストでいこうかなと思いました。

こんな感じでサビサビの上から塗っていきます。
この細かな入り組んでいるとろこや、1本1本のラインを満遍なく塗るのって面倒ですよね。
スプレーのほうが早いけど、今度はタレが出来るのが嫌です(×_×)
2度塗りは要らないというパッケージの言葉を信じて、あんまり重ねない感じで1時間30くらいは作業しました。

じゃーん!!!
黒いいじゃないですか!
迷った甲斐がありました、塗って良かったですよねコレ(*゚▽゚*)

少々ハゲているのは、私が慌てて鉢を置いたからです。
早く飾りたくて待っていられなかったのがバレます(^◇^;)
全体像はお向かいさんがバッチリ映るので、写せなくてご勘弁を。


<スポンサーリンク>

植木鉢もリメイクで

棚が嬉しい感じになったので、植木鉢もオシャレにしていきたいと思います。
やってみたかったのはリメイク缶です。
家庭で出る空き缶ゴミを利用して、植木鉢を作るやつです。

お手頃な鯖缶があったので、裏に穴を開けてから白ペンキで塗ります。
缶ははじき易くペンキがのりにくいので、シーラーやプライマーを塗ってあったほうがいいです。
もしくは金ブラシで傷を沢山入れるかです。
それから私のペンキ作業については、いつもハケとか買ってくるのも洗うのもめんどうなので、塗る道具はこのスポンジスタイルです(*´ω`*)
適当なサイズにスポンジを切って、割り箸で挟みます。
根元を今回は輪ゴムで結わいてますが、割ってない箸ならそのまま差し込むだけでも大丈夫です。
長く持つものではないですが、使い捨てで楽なのでコレばかりです(^ ^)

フリーラベルを配布されている「mihoのプリント素材」さんからラベルをダウンロードさせて戴きました!
切って貼るだけでこんなにも素敵なテイストに(*´ω`*)
周りを汚してサビっぽい色をつけて…と、オシャレにする方法って色々とありますが、何だか勿体無くてする勇気が出ないままシンプルにとどまってしまいました(^◇^;)
あんまりこう、シャビシャビしているよりかは綺麗なタイプのほうが好きかもです。

もう一つ、飲料缶でバッグタイプの物も作りました。
元はBOSS缶なのでちょっと小さめです。
壁つりが出来るように、背面にワイヤーつけました。

作ってからもう暫く経ってしまったので、植えた多肉たちがかなり伸びていてびっくりです(*°ᆺ°)
セダムは成長早いですね!
小さめな子とチェンジしてもらおうかな(^◇^;)

おわりに

久しぶりにペンキを塗りまくったので、楽しかったです。
面倒だなぁと思ってましたが、実際は1時間ちょっとの事で見違えたので塗り直して良かったです。

楽しい多肉ライフの為に、ちょっとずつ楽しい空間になるよう頑張ろうと思います(*´ω`*)


<スポンサーリンク>

コメント